アマゾン輸出 会社設立サービス 弊社手数料$99

Amazon輸出の資金の受け取りに関しての悩みに

「Payoneerか?米国法人口座か?」という問題があります。

 ネット上でも色々な意見があるのですが、さてどちらが良いでしょうか・・?

 

これにはPayoneer(ペイオニア)の手数料や、資金の日本での引出し方法などを検証する必要があります。

米国法人のビジネスアカウント(銀行口座)ですが、ペイオニアとの1番の違いはやはり手数料の違いでしょう。

ペイオニアでAmazonからの売上を受け取ると、以下の手数料がかかります。

 

Amazonからの着金時 1%

引き出し時の為替両替手数料 3%程度

引き出し手数料 $3.15

 

かたや弊社米国法人口座で売上を受け取った時の手数料は

 

アメリカ銀行からの送金手数料 $50〜$70

為替両替手数料 $1につき14銭(約0.14%)

のみとなっているので

 

例えば、1度に$1万送金した場合にかかる手数料は約1%ほどになります。

 

米国の法人運営費やメンテナンスフィーが年間に36万円かかるとした場合、

月にだいたい$1万以上の売上があれば手数料面だけの話でも

法人設立のメリットがあることになります。

 

しかも弊社の場合は、メンテナンスフィーが月々$99と格安に法人を運営して頂けます。

以下のプランを是非ご活用下さい。

 

アマゾン輸出 会社設立サービス詳細

アマゾン輸出用の特別プラン。通常の会社設立手数料を大幅ディスカウント。また、ラスベガスでの銀行口座設立費用$450を無料サービス!

会社設立の弊社手数料$99

サービスに含まれるもの

  • ネバダ州での会社登録名チェック
  • 法人登記代行手数料
  • 株券発行
  • コーポレートブック作成
  • ミニットブック (会社会議用書類)作成
  • 会社規約(BYLAWS)作成
  • トランスファーレッジャー(株券記帳書)作成
  • IRSからEIN(Employer Identification Number:法人納税番号)の取得

 

別途の実費料金がかかるもの

  • 会社登記料($75)
  • 公文書証明料($30)
  • 役員登録料($150)
  • ネバダ州ビジネスライセンス($500)
  • コーポレートキット【金属製法人印や株券などを含む法人書類保管セット】($100)
  • コーポレートキット郵送料+保険料 ($100)

別途料金 合計$955 (*州政府の料金体系改定により必要経費が変動する場合があります)

 

月々のメンテナンスフィー $99 (クレジットカードの自動払い)

含まれるもの:

  • レジスタードエージェント費用
  • オフィスサービス
    • ネバダ州のオフィス住所【名刺やWEBページにご利用して頂いてOK。また銀行口座開設にあたり必須です】
    • ラスベガスの市外局番(702)から始まる電話番号(他社と共同利用)
    • 郵便物転送サービス
  • 売上がゼロだった場合の連邦税務局へのゼロ申告($500相当)

 お問い合せはこちらから